空き家を解体するメリット4つ

未分類

空き家を解体すると、たくさんのメリットがあります。

このページでは、空き家を解体することで得られるメリットを4つご紹介します。

空き家を解体しようか検討している人は、ぜひチェックしてみてください。

空き家を管理しなくて済む

空き家を解体すれば、空き家の管理にかかる手間がなくなります。

空き家を維持していく場合、一年に数回は風を通したり、掃除をしたりしてメンテナンスしなければなりません。

空き家がある場所が遠方であればあるほど、労力がかかります。

空き家を解体すればこのように手間をかけて管理しなくてよくなります。

お金が浮く

空き家を解体すれば、コスト削減ができます。

空き家を維持していくには手間の他にお金もかかります。

管理費として代表的なものをあげてみます。

まず、不動産を所有しているだけでも固定資産税都市計画税がかかります。

補修費用火災保険料もあります。

外部に管理を任せる場合は、管理費セキュリティ費用がかかります。

空き家によって異なりますが、維持するのにかかる費用は一年で数十万円になることもあります。

空き家を解体すれば、継続的にかかる費用がなくなりお金が浮きます。

売れやすくなる

空き家を解体して更地にすれば、土地として売却しやすくなります。

老朽化した建物が建っているよりも更地の方が売れやすく、金額も高くなりやすいのです。

土地を活用する際に更地である方が、次のように売れやすいポイントが多くなります。

家を建てるなどすぐに着工できる

建物の配置などがイメージしやすい

このように、空き家を解体して更地にすることで売却しやすくなるのです。

駐車場として活用できる

空き家を解体して更地にすれば、駐車場として活用できます。

空き家を解体してできたスペースを駐車場として提供することで資金源になります。

土地を維持していくには維持費がかかりますが、駐車場によって得たお金を維持費に充てられます。

土地を売却したい場合も、買い手が見つかるまでの間、駐車場として活用することができます。

まとめ

このページでは、空き家を解体することで得られるメリットを4つご紹介しました。

空き家を解体すると、空き家を管理しなくて済む、お金が浮くなど、たくさんのメリットが得られます。

空き家を解体しようか検討していて、このページを読んで「解体した方が良さそう」と思った人は、さっそく空き家解体に着手しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました